脊柱管狭窄症治療で改善ハッピー|痛みを解決し隊

患者と話す医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ

改善するために

腰の骨

腰部脊柱管狭窄症による腰痛に対し、コルセットを装着使用する事で、腰部の動きを制限し、痛みを起こしにくくします。また身体を安定させる役割もあります。コルセットは、着けすぎによる筋力低下は起こらないという研究方向があるので、痛みが続く時には、シッカリつけても大丈夫です。

更に詳しく

タイプ別に

笑顔の看護師

脊柱管狭窄症にはいくつかのタイプがあります。治療を始め、完治させる為には治療を途中で辞めないことです。痛みをすっきりとなくす為には、治療の継続が最も大切なのです。きちんと意識しておきましょう。

更に詳しく

最先端のがん治療

腰を抑えている人物

がんを治療するに投薬か放射線治療が一般的でしたが、最近ではNK療法という治療方法が注目されているようです。がん細胞だけに殺傷効果があるので、患者の体に負担をかけない画期的な治療法となっています。

更に詳しく

発症したら

可能性があるのはどんな時

腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱をとりかこむじん帯や椎間板の変形、肥大などによって脊柱管が細くなり、中を通っている神経が圧迫されて障害が起こす症状です。しかし、障害といっても人によっては疲労やちょっとした腰痛と勘違いしてしまうこともあります。どんな症状が出たら、腰部脊柱管狭窄症の可能性が高いのでしょうか? もっとも特徴的なのは、間欠跛行(かんけつはこう)という症状です。普通にしているとなんでもないのに、歩き始めるとだんだん足が痺れたり腰が痛くなったりしますが、ちょっと休むと回復する。これを繰り返すようだと、腰部脊柱管狭窄症の可能性が高いといわれます。 特に高齢になると現れやすいのがこの腰部脊柱管狭窄症です。重症化すると歩行だけでなく立つことすら困難になる恐れがありますので、上記のような症状が2、3週間続くようであれば、すぐに整形外科を受診するべきです。早めに腰部脊柱管狭窄症であることが分かれば、姿勢の矯正や薬物療法などの治療で進行を食い止め、症状を緩和することができます。

悪化させないために

腰部脊柱管狭窄症は、腰の脊柱管を走る血管や神経が圧迫されることで腰痛や下肢の痛みといった症状がでる病気です。そのため腰部脊柱管狭窄症の悪化を避けるためには、腰に余計な負荷を掛けないようにすることが大切です。 腰部脊柱管狭窄症の方は、日常生活を送る上でちょっとしたことに気をつけると、症状の悪化や再発を妨げる助けとなります。 例えば、高いところの荷物を持ち上げる様な場面では、足場や踏み台を用意して、その上に乗ってから荷物をとるようにすると体が反り返らずに腰への負担が小さくなります。 逆に地面など低いところの物を持ち上げるときは、一度膝を曲げ腰を落とした状態から、立ち上がるようにして荷物を持ち上げると腰への負担を減らすことができます。 台所などで立ったまま作業をするような場合は、片足を台に載せた姿勢で作業を行うと負担が軽くなります。 椅子に座るときは、出来るだけ椅子に深く腰かけて、背もたれと背中の間にクッションを入れるなどして姿勢が良く座るよう心掛けてください。 腰部脊柱管狭窄症に悩んでいる方は、普段から身の回りに台やクッションを用意しておくと良いでしょう。